資格で有利に

施工管理の求人を探すときは資格を生かそう

施工管理の求人は常時募集されていることが多く、経験や知識をあまり問わない会社もあるのですが、持っていると有利になる資格や経験もあります。一例をあげると、建築関係の資格で1級建築士や2級建築士の資格を持っていれば、優遇されて採用の時に有利になることがあります。この仕事はいろいろな種類がありますが、特に多いのは大きな建物を建てる時の施工管理の仕事であり、そういった仕事の場合は求人の募集要項に建築関連の資格のことが明記されている場合があります。そういった資格をお持ちで、資格を生かして働いた経験のある方だったら、採用試験の時の面接でそれをアピールすれば採用される可能性が高まります。施工管理の求人で資格を問わない会社もあるので、資格がない方でもあきらめずに探してみましょう。

電気関連の資格も役立つ場合が多い。

施工管理の仕事の中には電気の仕事をするものもあり、そういった求人では電気関連の資格が役立つことが多いと言えます。例えば大きなビルの電気工事の施工管理の仕事だったら、電気工事士や電気通信技術者と言った資格があれば、採用のときに有利になることが多いです。資格をお持ちで実務の経験がない場合でも採用されることはあります。そういった場合は会社の上級の技術者と現場に出て、基礎から経験を積み上げていくことになります。このような採用の場合は、年齢がある程度若い方が有利のことが多いです。実務の経験があって、特に資格をお持ちでない場合でも採用されることがあります。そんな場合は会社に入って現場で仕事をしながら、資格の取得を目指すのが好ましいです。